シェアハウスDIYリノベ 塗料 ボンド接着剤

雨漏り&長押の裏を胴縁やコーキングで埋めた話【#3 DIYリノベでシェアハウスをつくる】

2021年4月2日

「屋根さえあればなんとかなるわ」と思っていたが、
屋根が風雨から自分と財産を守ってくれるとは限らない。

この日は前日のシーラー塗装の日から引き続き、結構な雨が降っていた。
予想はしつつもビクビクしながら現場に到着。

ポタポタくるほどではなかったが、しっかりと浸透した雨は壁と天井を濡らしていた。
今年も去年の梅雨時と同等の雨量が襲ってくるとしたら、確実に室内はビチャビチャになるだろう。

今回はその報告と、真壁の和室の厄介者「長押」の裏側を塞いだ話をまとめる。

この記事は動画と連動してるので、こちらも見てもらえると良い。

前回の記事はこちら↓

砂壁に珪藻土(漆喰)を塗るための下地処理【#2 DIYリノベでシェアハウスをつくる】

今日やることは、全然面白くないことだけど、意識高い系DIYには絶対必要な下地処理をしていくから和室をやりかえたい人は特に参考になるかもね!実 ...

続きを見る

雨漏りという最大の脅威

壁や天井に水が浸透していく様は、建物が大地に還っていく様を感じさせる。

正直、内装をどうこうするやる気は一気に削がれる。

雨漏りの現状

明らかに濡れていてやばかったのは写真の2箇所。

こちらは天井、かなり浸水してめくれ上がっているのがわかる。ここまで劣化するには濡れて乾燥する行程をそれなりに繰り返してきたと思われる。
ベニヤをちょっと雨ざらしにしたくらいではここまでならない。

さらに問題なのは、オーナー曰く、購入当初はこの雨漏りはなかったとのこと。

つまり最近表面化してきたばかりの勢いのある若手ということだ、被害拡大の速度も早いだろう。
ポタポタくるのも時間の問題だ、めっちゃ怖い。

こちらは壁、色が濃くなっているところが濡れているところだ。
上の方の崩れているところは、前日シーラーを塗った後に突然崩れてきた。
その時は水で濡れているのかシーラーで濡れているのかわからなかったが、雨が内側から染み込んできていたいうことだ。
崩壊した周囲も、ほぼ砂のような状態になっていて、即座に崩れんばかりの様相だった。

雨漏りのポイントから垂木という斜めに掛かっている構造材を伝って、壁まで流れて浸透していったものと思われる。

とりあえず、上から何か塗れるような状態ではない。

屋根裏の雨漏りポイントの特定

天井裏に潜れば原因箇所はすぐに特定できた。

メインは上の写真の損傷箇所。垂木(斜めに掛かっている構造材)を伝って水が流れているのがわかる。
下から見ると穴が空いてるかのようなヤバさだ。

もう1つは棟板金の隙間。
棟板金というのは屋根の一番てっぺんの継ぎ目にに乗っている傘のようなもので、下から見た時、このへんから外光が漏れていた。
おそらく普段は漏ることはないが、横殴りの激しい雨が降った時に水が回ってくるんだと思う。
その直下の天井には軽度のシミがいくつかあった。

上から見るとこんな感じ、明らかになんの手入れもされていない感じ、これはトタンなのかな?
残念ながら雨漏りしているのはこの反対側なので、見ることはできず。

登って確かめるまではできていない、反対側は3階なので落ちたらマジで死ぬ。
もしも登るなら、命綱の確保が必須。

雨漏りの予後

最悪天井が落ちてくるらしい。

うちの場合は屋根裏にグラスウールの断熱材が敷かれてるだけ。
それはいいんだけど、雨漏りがひどくなると、この断熱材が水を吸い込みまくって重くなり、さらには天井材全体に水を行き渡らせる。

湿った薄い天井板に、荷重をかけ続ければ、そのうちバキバキと轟音を立てて落ちてくるのは容易に想像できるだろう。
とはいえ、断熱材はナイロンっぽい袋に入っていて、全体が露出しているわけではないので、現状ではそこまで塗れてはいなかった。

雨漏りの対策

一回登ってみて見ないことにはなんともいえないんだけど、屋根の上からコーキングとブルーシートでなんとかするしかないと思っている。
この建物は僕が所有しているものでもないし、オーナーがいるので、オーナーと相談しながらやっていくことになると思う。
進捗があればまた紹介したい。

つまり未解決だ。

かといって対策が完了するまで、内装工事を止めるわけにはいかない、賃貸の退去予定日が迫っている。
現実は厳しい。できることをやっていくしかない。

長押の裏を埋める

ハンガーを掛けたり、額を掛けたりできる便利なやつ、それが長押。

ただの便利なやつだと思っていたのに、上から覗き込んで驚愕した。

ここにいるよ・・・(ルームメイト)

????ここは異世界??

和室の造りについて理解がなかった僕からすると、手抜き工事か何かかと思えた。

どう考えても生物が住むのに最適な環境が広がっていた。

これは長押の標準的な造りらしい、なんでこんな作り方すんねん、昔の日本人、頭おかしいやろ

室内環境の考え方についても、ここ数十年で大きく変容してきたことがうかがえる。

だがそんなことはどうでもいい、この隙間は絶対に許せない、必ず埋めてやる。

この作業は動画と図解で見るとわかりやすい。
下記時間指定している↓

長押裏のビオトープ滅亡作戦

考えた工程は下記の通り。

家賃を払わないルームメイトは歓迎できないので滅んでもらう。

その辺に転がってた角材(胴縁)が隙間にピッタリ納ったので、これを使うことにする。
斜めになってる微妙な隙間はシリコンで埋める。

まずは空爆から(アースジェット)

滅べ滅べ!

なにが飛び出してくるかわからないが、手元にあったアースジェットを吹き付けることにした。

葉っぱが飛び出してきて絶叫した

虫は出てこなかった。

ただし、神棚を取り外した時こいつが出てきた。
2cmくらいだったが超絶キモい。

upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c0/Lep...
紙魚(しみ)という和室に住まう低級モンスター

胴縁を叩き込む

詳しい工程は動画にて

上から飛び出してるのが胴縁、ハンガーは掛けられなくなるが、そんなことどうでもいい。
木の色が違うけど、日に焼けてくれば気にならなくなるだろう。

工程としては、ホームセンターで買ってきたものを、長押の寸法に合わせてカットして埋めただけ。
固定は前述した図のように斜めにビスで止めた。

初めての造作的な作業、ちょっと楽しかった。

あとはコーキングするだけ。

シリコンコーキングで封印

シリコンコーキングは内装DIYのあらゆる場面で登場する。
特に水回りでは必須になるので知っておいて損はない。

コーキング作業は下準備が重要になる。
使ったものについて説明しておく。

  • シリコン(通常&変性)
  • コーキングガン
  • マスキングテープ
  • ヘラ
  • ウェットティッシュ

シリコン(通常&変性)

洗面台の脇とかに、プヨプヨとした弾性のなにかが埋まっていないか、それがシリコン。

通常のシリコンは水回りによく使われているもの。水をしっかり弾くので塗装も弾く。
変性シリコンというのは、水は弾くが、塗装は可能という優れもの。

何かと一緒に、塗装する可能性がある場所には変性シリコンを使おう。

コーキングガン

これはシリコンを打つのに必要な道具。
といってもホームセンターで200円くらいで売ってると思うので1つ持っておこう。

マスキングテープ

これがうまくいけばコーキングは失敗しない、塗装と一緒だね。

これをやらずにシリコンを打つことは基本的にない。

ここだけは特に慎重にやろう、ついてほしくない場所に貼るだけだ。

へら

写真は金属のものだけど、プラスチックのもので良いし、最悪指でも良い。
コーキングした後にこれでなぞってやれば、綺麗に整形される。

ウェットティシュ

手についたシリコンは、石鹸で洗ってもとれにくい。
ところがこのウェットティッシュを使えば、いとも簡単に取れるのだ。
大工さんに教えてもらった。

シリコンコーキングの手順

  • ついてほしくない場所を丁寧にマスキングする。
  • シリコンを打つ。
  • ヘラか指でなぞって綺麗に整える。
  • 乾燥を待たず、マスキングを剥がす。
マスキング
コーキング
ヘラでなぞる
マスキングを剥がす

乾燥には基本的に24時間程度の時間を要する。
一般的な塗装ほど早く乾かないので、触ったりしないように注意しよう。

1にも2にもマスキングが重要で、特別な技術は必要ない。

3日目終了、次回は床の下地を整えていく

かくして長押の裏には平和が訪れ、本日の作業は完了した。

供養の十字架

次回は床の下地を造っていく。

フローリングの仕上げ材はすでに材木屋さんで手配してある。

DIYには敷居が高いと思われがちな材木屋だが、一般客も受け入れてくれるので、興味のある人は下の記事を参照されたし。

材木屋は一般DIY向けにも販売してくれるのか?その敷居の跨ぎ方。

材木屋で買いたいけど怖くて行けない。そもそも材木屋ってどんな種類があるの? みたいなDIYer同志の疑問を、DIYerの体験談として総括して ...

続きを見る

続きは以下↓

畳からフローリングへ、床下地の根太を組む【#4 DIYリノベでシェアハウスをつくる】

なんだかんだこの日は色々やった。メインディッシュは床の根太組なんだけど、材木屋さんの搬入とか、参考になりそうなものも多いので全部まとめる。 ...

続きを見る

-シェアハウスDIYリノベ, 塗料, ボンド接着剤